アメブロのデメリットとWordPressのメリット

アメブロを商用で使っている人は多いが、最近、商用利用しているブログがよく削除されているという話を聞くようになった。

アメブロは利用規約に管理者の許可を得ずに営利を目的とする行為を禁止している。そしてユーザーは無料で使用しているため、アメブロ側から商用利用していると判断されたら、無条件にブログを削除される可能性がある。

 

個人で暇つぶしに書くブログならまだしも、ビジネスのプロモーションやアフィリエイトなどのブログ運営で食べている人には、突然ブログを削除された場合のダメージは大きい。アメブロはユーザー数も多く、ぐるっぽ、足ペタ、読者登録などのコミュニティツールが充実しているので、集客し易いことで人気だった。

 

しかし、アメブロ側で商用利用していると判断されたら、いつ削除されるか分からない。これでは、とてもリスクが大き過ぎて使えない。まあ、タダより高いものはないというが、無料で利用している以上、交渉の余地はないので、心配な人はレンタルサーバーを借りてワードプレスなどでブログを運用した方がいいだろう。月500円のコストで、自社でリスクコントロールでき、自由度が高いブログシステムを運用できるのだから、コスパは抜群に高い。

 

ワードプレスでブログを運用するメリット

・どれだけ商用利用しようが誰も文句を言わない
アメブロなどの無料ブログサービスは様々な規約がある。ほとんど読んでいる人はいないだろうが、規約違反をすれば無条件に削除される。その一つが商用利用だ。タダで使わせてやってるんだから文句を言うなということだ。
 
ワードプレスならそんな規約は一切無いので、好きなようにブログを運営できる。もちろん無条件削除なんてないので、末永くお付き合いできる。
 
・無駄な広告が掲載されない
無料ブログはあちこちに広告が掲載される。アメブロは記事の直下にアドセンスが掲載されるが、ここからの収益がすべてアメブロ側に行く。この広告が自社で運営しているサービス内容と類似していたら、せっかくいいコンテンツを提供しても、広告をクリックして他社に見込み客が流れてしまうリスクがある。
 
また、スマホではディスプレイの下などに、常時バナー広告が掲載される。ただでさえ小さいディスプレイに、広告が入り非常に目障りになる。
 
ワードプレスなら必要ない広告は一切掲載されない。もしアフィリエイトなどの広告収入を稼ぎたいなら、自由に貼ることもできるし、その収益は全て自社に入金されるのでやりがいがある。
 
・拡張機能が充実しておりワンタッチでネットショップも構築できる
ワードプレスは基本はブログだが、プラグインで自由に拡張することができる。コーポレートサイトにもできるし、ネットショップだろうと、SNSだろうと、ワンクリックで機能を実装することができる。

 

・世界中の豊富なデザインが無料で使える
ワードプレスは英語圏でかなり利用されているので、世界中のデザイナーがテンプレートを無料で公開している。そのためアメブロとは比べ物にならない位のオシャレで洗練されたデザインが豊富にある。

 

・SEOに強く検索エンジンからの集客アップになる
アメブロはサブディレクトリ方式のドメインだ。サブディレクトリ方式だと、検索エンジンで同じドメインで4件しか検索結果に反映されない。多数のユーザーを抱えるアメブロ内で同じキーワードでの競合が多ければ、検索結果にほとんど反映されない。
 
これでは、ビジネス的にかなり不利になる。ワードプレスなら独自ドメインで運用するし、グーグルの検索責任者がワードプレスのSEO効果を認めている。またSEO効果を高めるプラグインも豊富だ。
 
・アップデートが簡単でセキュリティ的に安心
ワードプレスは無料でできるが、常に、機能向上と安全性を確保するため、アップデートされていてセキュリティレベルは高い。そのためマイクロソフトやヤフーなどの世界で名だたる企業がワードプレスを利用してサイト運営を行っているので安心だ。
 
このように、優れたCMS(コンテンツマネジメントシステム)を無料で使えていいの?と思えるレベルなので、ビジネス利用するなら断然、アメブロからワードプレスに移行した方がいいのは明白だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください